青少年赤十字とは
Home » 青少年赤十字とは » 国際交流活動

国際交流活動

 

  青少年赤十字では、高校生を対象とした国際交流活動を行っています。外国の児童生徒と直に接して、会話をし、政治、経済、文化の違いを体で感じ、我が国を見つめ直す大変良い機会となっています。こうした体験をもとに国際的な感覚でものを考える生徒が増えてくれることを願っています。

 

<モンゴルメンバーとの交流>

 毎年、モンゴル国の赤十字メンバーと岐阜県、愛知県の青少年赤十字メンバーが国際交流を行っています。
平成30年度は、モンゴルから8名のメンバーが7月4日から11日まで訪日しました。その期間中、7月7日・8日の2日間、愛知県美浜少年自然の家で、岐阜県(2名)と愛知県(9名)の青少年赤十字メンバーが、モンゴルのメンバーと国際交流を行いました。
自然の家では、英語でコミュニケーションをとりながら懇親会や海辺でサンドクラフトを行ったりしながら交流を行いました。

 また、モンゴルのメンバーは、7月8日・9日の2日間、岐阜を訪れ、ロープウェイに乗車して山頂の岐阜城に登り、そこから見る岐阜市の風景感動し、とても大きい街だとびっくりしていました。その他、各務原航空宇宙博物館を見学し、岐阜を満喫していました。

愛知県美浜少年自然の家で交流 岐阜へ来ました 金華山から見える岐阜の景色を堪能
 
リスと戯れるモンゴルメンバー 初めてのマクドナルドを体験 飛行機の操縦体験(航空宇宙博物館)
 

※平成26年度の活動はこちらをご覧ください。

 

<モンゴル海外研修> 

 平成29年7月31日~8月5日にかけて、モンゴル国へ17名のメンバー(11名の生徒と6名のスタッフ)が青少年赤十字活動の交流や活性化等を目的に訪問しました。

 モンゴルでの体験では、日頃、自分の学校で実践しているJRC活動をMRC(モンゴル赤十字社)のメンバーの前で堂々と発表したり、反対に、MRCの活動の様子を知ったりすることができ、今まで気づかなかった自分たちの良さに気づいただけでなく、更によりよいものにしようとするきっかけとすることができました。また、ゲルの中での宿泊やホームステイをする中で、異文化体験をしたりメンバー同士の親交を深めたりすることができました。

空港で集合写真 最初の交流会(英語で自己紹介) 日本の遊びを紹介
学校訪問(馬頭琴を体験) 学校での取り組みを発表 和装で涙のお別れ

 

<JRC/RCY  International  Meeting  Mt.Fuji 2010> 

  平成22年11月20日から23日の3泊4日で、静岡県御殿場市の日本YMCA同盟国際青少年赤十字センターにおいて、46名の海外メンバーと77名の日本メンバーが生活を共にして、アジア・太平洋地域の青少年が直面している様々な問題について意見や情報の交換をして、世界に視野を広げた貴重な体験ができました。岐阜からも2名の高校生が参加しました。

開会式で グループで話し合い グループの仲間達
文化交流会 文化交流会 食事会
閉会式 お別れ会
 

 

青少年赤十字とは

特設サイト

  • 日本赤十字社とは
  • 子育てサポートしています。
  • 強化月間
  • ブックオフ
  • 採用情報
  • 赤十字だより