青少年赤十字とは

岐阜市立長森北小学校

活動の種類 奉仕 その他
活動の単位 全校

1.テーマ

人(社会・仲間)のためにつくし、働く喜びを感じられる児童の育成

2.学校紹介

    本校の歴史は、明治6年 聞校学校、汎愛学校の開校により始まります。明治30年になると、北長森村が誕生し両校が、統合され、北長森尋常小学校となりました。そして、昭和15 年、岐阜市と合併し、岐阜市立長森北尋常高等小学校が生まれました。「長森北」という名称は、この時より使われています。
   本校の学校の教育目標「長森北っ子は あかるく かしこく たくましく」は、本校の歴史ある目標です。 この目標達成に向け、自分と仲間の幸せのために、精一杯努力することを大切にしています。

3.活動内容

(1) 児童会が中心とした活動

1. 毎朝のゴミ拾い
    環境美化委員会の働きかけで、子どもたちは、学校へ登校すると毎朝ゴミ拾いをしました。以前は、休日の後などごみがたくさ ん落ちていましたが、活動を続けるうちにずいぶん少なくなりました。ゴミを拾うことによって、子どもたち自身がゴミを捨てないことを意識できました。ま た、様々な活動で学校を使う方々の心にも子どもたちの思いが届くようになってきました。

2. 落ち葉拾い

    落ち葉の季節となり、環境美化委員会が、毎朝始業前に落ち葉拾いを始めました。落ち葉の数が日増しに多くなってきたころ、5年 生の環境委員が、クラスの友達に「私たちだけでは、拾いきれないから助けてくれないかな。」と、頼みました。この働きかけから、落ち葉拾いは、高学年中に 広まっていきました。
   「初めは、みんながやり始めたから、なんとなく始めたけど、やっていると、きれいになることが楽しくなってきた。」こんな声が、聞こえるようになりまし た。こうして落ち葉拾いに夢中になると、朝の始業時間に遅れてしまうこともでてきました。「朝の会に遅れないように大変そうな場所へは、応援にいこう。」 子どもたちは、こんな工夫もしながら、落ち葉拾いを続けてきました。
   雪が降ると、高学年のこの姿は、雪かきの姿へと変わりました。

3. 縦割り班の活動
    1年生から6年生の全ての学年の児童で構成する「たてわりグループ」の活動に取り組んできました。
高学年は、「他学年の子の意見をよく聞いて、活動の計画や世話をする」ことを、中学年は、「約束を守って活動すること、高学年の姿を見て学ぶ」ことを、 低学年は、「わからないことは高学年に聞いて活動の仕方を学ぶ」ことをねらいとしています。年齢を超えた仲間との関わり合いの中で、自分が行うべきこと と、できることを考え行動する力を身に付けていきました。

《主な活動内容》

○ よろしく集会(4月)
   1年間共に歩む縦割り班のスタートの集会です。自己紹介をしたり、ゲームをしたりしました。
○ 縦わり遊び(毎月)
    毎月班で工夫した遊びを行いました。遊びを通して、互いに分かり合い、班の結びつきを深めていきました。
○ 北っ子ラリー(6月)
   
お弁当をもって、地域にある「前一色山」に登ったり、野一色公園で遊んだりしました。学校を離れ、それぞれの班で活動します。リーダーとなる6年生は、班の仲間が楽しく、安全に活動できるよう、下見をしたり、計画を立てたりてしきました。
○ 子ども祭り(11月)
   
「笑 顔いっぱい、仲間いっぱい、宝物いっぱいの子どもまつりにしよう」をスローガンにかかげ、「子どもまつり」を行いました。 「子どもまつり」は、1年生か ら6年生までの縦割りのグループで、ゲームのコーナーを回ります。そのゲームコーナーも、1年生から6年生まで楽しめるものになるよう工夫しました。ゲー ムコーナーには、スローガン通りすてきな笑顔が溢れていました。

(2) 家庭との連携
   また、家庭生夏休み冬休みには、お手伝いをしたり、家庭の仕事を分担して行ったりすることを大切にしようと働きかけてきまし活について、アンケートをとり、それぞれの家庭で大切していることなどを学校だよりで紹介しました。

《紹介した例》
・ 家庭内の手伝い(そうじ、ごはんの準備、赤ちゃんの世話 など)をするように働きかけ、できたことを十分に認めるようにしています。
・ 挨拶ができる、思いやりをもつ、友達を大切に、嘘をつかない。この4つは、子どもにいつも言っている言葉です。
・ どういうことをされると嫌な思いをするか考えさせてみるようにしています。自分がされて嫌なことを他の人にしていないかどうか聞いています。

(3) 地域と連携した教育活動の工夫
1. 昔の遊びを教えてもらう会(1年生…2月)
     1年生が、地域のお年寄りの方々から、昔の遊びを教えていただきます。地域のお年寄りから、遊び方を学びながら交流を深めます。
2. 福祉の学習(3年生)
     3年生では、「総合的な学習の時間」に福祉の学習をします。

○ 介護老人保健施設との交流(6月)
  
 交流に際して高齢者疑似体験をしました。1kgの重りと視界が狭くなる眼鏡をつけ、階段を上り下りしたり、段差の乗り越えに挑戦したり経験しました。こうした経験を通して、「楽しんでもらいたい」という願いをもって、交流会で行うゲームなどを考えました。
にぎりしめた手(児童詩)おばあちゃんが、
わたしの手を
にぎりしめてくれたよ。
おばあちゃんの手は
冷たいのに、
手にさわった しゅんかんに
心が ぽかぽかした。
わたしは とても
うれしい きもちになった。
○ 敬老会への参加(9月)
  
希望者を募り、敬老会に参加しました。参加をする子たちは、時間を見つけ、笛や歌の練習をしました。発表した曲目は、「エーデルワイス」「茶摘み」「富士山」です。懐かしい歌に一緒に口ずさんでくださる方も多くありました。
○ 独居老人との交流(10月)
   
一人暮らしのお年寄りの方を学校に招いて、ゲームなどを行い交流しました。招待状は民生委員の方と一緒に子どもたちが、それぞれのお宅まで届けました。笛の演奏を聴いて頂いたり、ゲームをしたり、楽しい一時を過ごしました。
    お年寄りの方の喜んでもらいたいと願いを持って、歌やプレゼント、ゲームを考えたり、準備をしたりしました。自分たちが行ったこと、働きかけたことに よって、お年寄りの方から、いっぱいの笑顔を返していただくことができました。心温まる体験となりました。

3. 米作り体験学習(5年生)

     5年生では、地域の伝統的な農具の保存を進めてきたグループ「民具・農具実行委員会」の皆さんから、米作りやわら細工を学びます。

○ 籾蒔き(5月)
   
民具・農具実行委員会の皆さんがグループに一人ずつ付いて下さり、もみまきについて丁寧に教えてくださいました。
稲の芽が出ると、民具・農具実行委員の皆さんが毎日のように世話をしてくださいます。こうした好意に感謝をしながら苗の生長を見守りました。
○ 田植え(6月)
   
水車を使って田んぼに水をひきいれるなど、「民具・農具実行委員」の皆さんが大切にしてこられた少し前の道具を使って田植えをしました。
○ 青田刈り(8月)
    
しめ縄に使う藁をつくるために青田刈りをしました。
10月に刈る稲よりは、まだ柔らかく、釜の使い方を学ぶうえでは、有効でした。思ったより簡単に刈ることができると感じた子も何本も刈り取るうちに作業の大変さを感じたと話しました。
○ 稲刈り(10月)
   
民具・農具実行委員会の皆様に、教えて頂きなが、稲刈りやはさがけを行いました。籾蒔き5ヶ月、こんなにたくさんの稲が収穫できました。
○ 脱穀(11月)
   
収穫した米を脱穀しました。千把こきなど、少し昔の道具を使って脱穀を体験しました。体育館に散らばったお米を一つ一つ集める姿が印象的でした。
○ しめ縄づくり(12月)
   
青田刈りで刈った藁を使い、エビ作りやしめ縄作りをしました。しめ縄づくりは、農業体験活動の最後の体験となります。この日は、保護者の方も一緒に活動し ました。「これは、おかしいよな。」「ほらほら、これでいんじゃない。」と縄をなうコツをつかもうと一生懸命取り組みました。
    閉会式では、学んだこと、感じたことを熱心に語り、指導していただいた「民具・農具実行委員」の皆さんにお礼をしました。
    また、5年生が収穫したお米で「餅つき大会」が行われました。地域の各種団体が共催しておこなう地域の大きな行事となっています。児童やその家族の希望者が参加しました。5年生は、これまでの米作りについて、発表をしました。
    これらの活動を通して、普段食べているお米を作るのにどれだけの手間がかかるのか知り食物を大切にしようとする心や、米作りやしめ縄づくりの準備や指導し てくださった「民具・農具実行委員」の皆さんの心に触れることができたことなど、多くのことを学ぶことができました。
ここがポイント 体験や人との関わりの中で感じ取ったこと、やってみて分かったことを大切にする。
ここがねらい 人(社会・仲間)のためにつくし、働く喜びを感じられるようにする。
効果 児童や保護者が、学級や学級の友達や肯定な見方をしたり、温かな雰囲気をつくり出している。
担当者のコメント 上記に報告した活動のみならず、全校職員が全ての教育活動の中で、仲間の幸せのために考えて行動することを大切にしてきました。

青少年赤十字とは

特設サイト

  • 日本赤十字社とは
  • 子育てサポートしています。
  • 強化月間
  • ブックオフ
  • 採用情報
  • 赤十字だより