青少年赤十字とは
Home » 青少年赤十字とは » 岐阜県賛助奉仕団

岐阜県賛助奉仕団

賛助奉仕団とは
青少年赤十字の活動を支援していく団体です。主に、退職した先生方が加入されて、全国各都道府県ごとにそれぞれ組織されています。
岐阜県では、平成20年に結成され、全国で一番若い団体です。
<名称>
岐阜県青少年赤十字賛助奉仕団
<目的>
青少年赤十字の普及・発展と加盟促進に協力し、赤十字の発展に寄与していただくと共に、団員の資質向上や連絡・親睦を深めます。
 
<役員>
委員長1名、副委員長1名、幹事若干名で構成されていて、年間の行事や予算について話し合っています。

 

 


岐阜県賛助奉仕団年間活動

・役員会(年2回)
・賛助奉仕団総会(5月頃)
・研修(講演会への参加、指導者養成講習会)
・小、中、高トレーニングセンターへの参加(大垣市、揖斐郡、加盟高校)
・学校訪問(加盟依頼)
・「赤十字フェアぎふ」の応募作品審査会
・日赤新聞の折り込み作業(毎月)

 

1.岐阜県賛助奉仕団総会

 

 

2.各種トレセン活動への参加、支援


①揖斐トレセン

揖斐地区JRC会長 髙橋詩朗校長の挨拶 真剣な表情で聞く児童、生徒
AEDを使用した体験学習
②大垣トレセン
車椅子での体験学習 グループで話し合う生徒達
支部職員と賛助奉仕団員による説明 支援に当たる賛助奉仕団員の挨拶
3.児童生徒作品コンクール審査会
床一面に敷き詰められた習字の作品 一枚一枚の作品を厳正に審査する先生方
子供らしい発想の絵画作品を一枚一枚丁寧に
見ながら審査する先生方

青少年赤十字とは

特設サイト

  • 日本赤十字社とは
  • 子育てサポートしています。
  • 強化月間
  • ブックオフ
  • 採用情報
  • 赤十字だより