ボランティアに参加したい
Home » ボランティアに参加したい » 赤十字奉仕団とは

赤十字奉仕団とは

赤十字奉仕団は、赤十字の使命とする人道的な諸活動を実践しようとする人々が集まって結成されたボランティアの組織で、古くは明治20年に設立された「日本赤十字社篤志看護婦人会」にそのはじまりをみることができます。

現在の赤十字奉仕団は、第2次世界大戦後の昭和23年にアメリカ赤十字の援助により創設されたのが原型となっており、岐阜県では昭和29年5月創設の「岐阜点訳赤十字奉仕団」(現在は廃団)から始まり、現在では、

市区町村など一定の地域ごとに組織されている「地域赤十字奉仕団」42団

社会人や学生によって組織されている「青年赤十字奉仕団」3団、

アマチュア無線等の特殊な技能を持った人たちによって組織されている「特殊赤十字奉仕団」3団

の計48団約11,000人が活動しております。
また、日本全国では約224万人のボランティアが登録され活動しています。