青少年赤十字とは
Home » 青少年赤十字とは » 青少年赤十字の活動 » 子ども新聞プロジェクト

子ども新聞プロジェクト

7月14日から16日の3日間、岐阜県JRCメンバーの小学校6年生2名が、愛知県と三重県のメンバーと共に、
子ども新聞記者として“阪神・淡路大震災”や“熊本地震”について取材をしました。

 

このプロジェクトは、朝日新聞社と協力し、取材、編集、発行するという新聞作り体験を通して、「気づき・考え・実行する」能力を育むことを目的としており、今年で7回目の開催となります。
被災された人々が復興に向けて頑張っている姿や話を、各訪問先で見たり聞いたりすることにより、多くの事に気付き、自分たちでは何をすれば良いかを考え、いざという時にどのように実行すると良いかをじっくりと考え、夜遅くまで記事作成をしていました。

 

これら取材した記事は、朝日新聞社から「子ども新聞」として、9月11日にJRC加盟校に配布されました。

 

 

朝日新聞社発行 子ども新聞2018

子ども新聞2018 P1
子ども新聞2018 P2
子ども新聞2018 P4
子ども新聞2018 P6
子ども新聞2018 P8
子ども新聞2018 P10
子ども新聞2018 P11
子ども新聞2018 P12

 

朝日新聞社発行 子ども新聞2017

子ども新聞2017 P1
子ども新聞2017 P2
子ども新聞2017 P3
子ども新聞2017 P4
子ども新聞2017 P6
子ども新聞2017 P7
子ども新聞2017 P8
子ども新聞2017 P10
子ども新聞2017 P11
子ども新聞2017 P12

 

青少年赤十字とは

特設サイト

  • 日本赤十字社とは
  • 子育てサポートしています。
  • 強化月間
  • ブックオフ
  • 採用情報
  • 赤十字だより