Home » トピックス » Blog article: 赤十字国際活動報告会を県庁で開催しました!

トピックス

赤十字国際活動報告会を県庁で開催しました!

更新日:2018-11-09

 

平成30年11月9日(金)に、県庁にて赤十字国際活動報告会を開催しました。

 

日本赤十字社では、世界の赤十字と協力し、戦時救護や人道危機に対する支援活動を行っています。

平成30年は岐阜県支部から「バングラディシュ南部避難民救援」に医師と看護師を計4名、
また「南スーダン紛争犠牲者救援」に医師1名の派遣を実施しました。
実際に現地に派遣された職員から、副支部長である森岡岐阜県健康福祉部長へ報告会を行いました。

この模様はNHKのニュースでも取り上げられました。

 

報告会の参加者は以下のとおりです。

白子隆志(高山赤十字病院 副院長兼第一外科部長)
白子順子(高山赤十字病院 第一内科部長)
馬場 淳(高山赤十字病院 看護師)
今井潤子(岐阜赤十字病院 看護師)

 

〇派遣一覧〇

・白子隆志(高山赤十字病院 副院長兼第一外科部長)
派遣先①  バングラディシュ南部避難民救援
派遣内容  フィンランド赤十字社が運営するフィールドホスピタルでの医療活動に従事
派遣期間  平成30年6月9日(土)~7月4日(水)

派遣先②  南スーダン共和国・首都ジュバ
派遣内容  南スーダン共和国の医療施設等で、医療活動に従事
派遣期間  平成30年8月3日(金)~10月2日(火)

 

・白子順子(高山赤十字病院 第一内科部長)
派 遣 先  バングラディシュ南部避難民救援
派遣内容  国際赤十字基礎保健ERU要員として医療救護活動に従事。
派遣期間  平成29年12月28日(木)~平成30年1月24日(水)

 

・馬場 淳(高山赤十字病院 看護師)
派 遣 先  バングラディシュ南部避難民救援
派遣内容  国際赤十字基礎保健ERU要員として医療救護活動に従事。
派遣期間  平成30年2月16日(金)~4月26日(木)

 

・今井潤子(岐阜赤十字病院 看護師)
派 遣 先  バングラディシュ南部避難民救援
派遣内容  国際赤十字基礎保健ERU要員として医療救護活動に従事。
派遣期間  平成30年1月5日(金)~2月22日(木)